フィンカ サングイフエラ【赤】

¥5,300価格
消費税込み
    • ワイナリー:ボデガス F. シャッツ
    • 原産国:スペイン・アンダルシア地方 マラガ
    • 産地:DOシエラス・デ・マラガ セラニア デ ロンダ
    •  
    • ブドウ品種:テンプラニーリョ・シラー・メルロー・カベルネソーヴィニヨン
    • アルコール:13.5%
    • 発酵・熟成:シュルリー熟成方式*で作られたワインです。低温で一次発酵をさせ、更に温度18-20度の低温でマロラクティック発酵をさせます。その後、15か月間フレンチオーク樽内で熟成。
    • :チェリーレッド
    • 香り:森・ローズマリー・ラベンダー、野イチゴとすぐり
    • 味わい:熟した果実・カカオ・トースト、余韻も長い
    • サーブ適温:18度
    • エチケット:カノコソウ
  • シュールリーとは、様々なワインに用いられているフランス ロワール地方発祥の熟成法のひとつです。

    直訳はフランス語“Sur Lie”で「澱の上」。発酵中に発生した澱を取り除かずに、澱を残したまま沈殿させ、ワインを熟成させます。

    赤ワインでは、非常に珍しい手法です。澱は、酵母の残存物ですが、酵母由来のたんぱく質がアミノ酸に変化しワインに、コク、ボディ感、風味、旨味、複雑味を与えてくれます。

    舌触りもクリーミーになり、酸味もしっかりとします。

    管理が難しい醸造法ですが、質の高い酵母を使う事により、香りのバランスが良くなり、長期保存ができるワインになります。(通常オリ引きするのは、死んだ酵母の嫌な臭いがワインに移るのを避けるためでもあります)

    とても丁寧作られた、希少価値の高いワインです。